杉田 眞龍

Maryu Sugita

継承から現在を描く京焼作家

杉田 眞龍

≪清閑寺窯 五代 杉田眞龍 陶歴≫

清閑寺窯は旧伯爵・清閑寺家の許可を得て明治初期、初代菊次郎によって創設され二代目龍斉、三代目祥平、四代祥平。

京都生まれ


京都芸術短期大学・日本画本科・専攻科 卒業


京都府立陶工高等技術専門校・図案科 卒業     


京都市工業試験場 修了     


1999年 清閑寺窯へ入り、祖父の三代目祥平氏、父の四代目祥平氏に師事


2014年 京焼伝統工芸士に認定される


作品紹介