作家で選ぶ

Ceramist

鎌田幸二
炎と土と釉薬の結晶=[天目]

鎌田幸二

Koji Kamada

清水保孝
心を豊かにする素朴な風合い

清水保孝

Yasutaka Shimizu

杉田祥平
仁清・古清水の継承

杉田祥平

Shohei Sugita

和泉良法
自然との調和を求めて

和泉良法

Yoshinori Izumi

西川勝
自然との調和を求めて

西川勝

Masaru Nishikawa

柴田良三
現代染付の世界観

柴田良三

Ryozo Shibata

玄人好みの逸品

清川吉兆

Kitcho Kiyokawa

木村盛康
無限の天目

木村盛康

Moriyasu Kimura

澤村陶哉
「用の美」を追及

澤村陶哉

Tosai Sawamura

松崎満生
独自技法による立体感のある陶板画

松崎満生

Mitsuo Matsuzaki

芦田直人
トルコブルーの輝き

芦田直人

Naoto Ashida

藤平三穂
陶器とガラスの融合

藤平三穂

Miho Fujihira

小川宣之
華麗よ大胆な中にある繊細さ

小川宣之

Nobuyuki Ogawa

小山研一
モノトーンの存在感

小山研一

Kenichi Koyama

浅井睦子
掻き落しの可能性

浅井睦子

Mutsuko Azai

藤平寧
手捻りと釉調が表現する瑞々しさ

藤平寧

Yasushi Fujihira

森里龍生
スタイリッシュな京風染付

森里龍生

Tatsuo Morisato

田上真也
無限の可能性を秘めた殻

田上真也

Shinya Tanoue

堀岡岳之
伝統紋様を現代風に

堀岡岳之

Takeyuki Horioka

中根啓
心が和むやさしさ溢れる器

中根啓

Kei Nakane